猫とひなたぼっこ

秋葉神社の3対の狛犬さん

早朝の表参道、3対の狛犬さんに会えました(^^)
散歩中のプードルに吠えられましたが、めげずに撮影開始・・・

いちばん社に近く、台座が高くて体も大きい狛犬さん↓
一組目吽 一組目吽後姿
大正9年(1920年)3月生まれの93歳です。
タレ耳で前足が太く、たてがみの勢いがなく、クリームを絞ったようにまったり。
阿のお顔はかなり欠損していて、吽のほうも高くてよく見えませんでした。

鳥居の後ろの狛犬さん↓
鳥居後ろの阿 鳥居後ろの吽
大正14年(1925年)生まれの88歳です。
尾が台座からこぼれそうになっているところがいいです。
しかもこの尾、ふたつに割れているのが珍しいと思うのですが・・・
鳥居後ろ吽 鳥居前阿
こちらも阿のお顔が崩れています>やはり開いた口の方が壊れやすい(>_<)
よく見るとスジ彫りで黒目が表現されていて、瞳が黒いのです。
これも珍しいと思いました。

鳥居の前、植え込みに隠れていた小さな狛犬さん↓
鳥居の前 吽 鳥居の前 阿
大正生まれの2組とは阿吽の位置が逆のようです。
なんと寛政2年(1790年)2月生まれの223歳!
鳥居前 阿 鳥居前 吽
実際の犬をモデルに彫ったのではなかろうか、と前足など見ながら推測・・・
阿の頭頂部にだけゴムボールが入るくらいの穴が開いていました。

この223歳の狛犬さんがいたのは灯篭と石柱の間の植え込みの中!↓
神社正面
帰ろうと思ったらカエルのカーミットみたいな阿と目が合ってしまったのです。
僕のこと忘れないでってば!
「あら、そこにもいたの?!」と笑ってしまいました(^^)


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する