猫とひなたぼっこ

ていぱーく 逓信総合博物館

【スロヴァキアの切手展 絵本の国のフォークロア&クリスマス】を見てきました↓
ていぱーく入口 企画展入口
切手のデザインが素晴らしいのはもちろん、多種多様な消印が印象的でした。
切手は昔ながらの凹版印刷も多く、グラビア印刷とは一味違う手仕事の味わいがあります。
東欧らしいボビンレースや刺繍、民族衣装、絵本、クリスマスの時に飾るエッグアートなどの展示もあり、東欧の国々に行ってみたくなってしまいました。

時間があまりなかったのですが、常設展も見ました>何と小学校の遠足以来!!
膨大な切手のコレクションなど、じっくり見たら相当時間がかかりそう・・・
公衆電話コレクション おみやげ
懐かしの公衆電話がズラリ。
ケータイのない時代、公衆電話と伝言板だけで待ち合わせていましたよね。

ミュージアムショップで、1枚30円の切手(未使用)を10枚おみやげに買いました。
木の実を持っているリスは、私の生まれた1968年の切手で、【貯蓄で自立】>郵便貯金のPRか?
【イリオモテヤマネコ】>ニホンカワウソもあった。副題に【自然保護】とあったけど・・・
1974年の【第9回国際食用きのこ会議記念】>日本のきのこの切手って初めて見た!
【ナンバーくん】>Wikiによれば、【ナンバー君は1968年から1973年にかけて12種の切手に登場したほか、郵政省によるパンフレットや一部郵便局の消印、「ゆうパック」の商標になる以前の郵便小包の箱にもその姿が確認されている。なお、ナンバー君の胴体は郵便はがきを模しており、完全に真四角である】とのこと。
ナンバーくん、久しぶりに見ました。
小鳥と花の切手は以前から好きで集めています。

帰りは東京駅まで歩きました↓
東京駅L東京駅R
いい雰囲気でしたが、とにかくすごい人混みでした。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する