猫とひなたぼっこ

マルタのやさしい刺繍

『何かフォークロアな手仕事が見られるのかな?』と思って借りたDVDでしたが、裁縫や刺繍のシーンはごくわずかでした。でもとっても温かい気持ちになれる2006年のスイス映画↓
マルタのやさしい刺繍 [DVD]マルタのやさしい刺繍 [DVD]
(2011/07/22)
シュテファニー・グラーザー、ハイジ・マリア・グレスナー 他

商品詳細を見る

保守的な村に住む80歳のマルタ。
9か月前に夫に先立たれてから、寂しく張り合いのない日々を送っている。
ある日、クローゼットの整理をしていた時、すてきなランジェリーの入った箱を友人に見られてしまう。上質な素材をていねいに手縫いした美しいランジェリーは、マルタが若い頃に作ったもので、ランジェリーの小さな店を持つのがマルタの夢だった。
親友の助けを借りながら、夫の店を改装して、念願のランジェリー・ショップをオープンさせたマルタだったが、村中から白眼視され女友達や家族からもいやがらせを受ける。
しかし、マルタの起業は女友達を勇気づけ、やがて保守的な村人たちに変化をもたらすのだった・・・

======================================

登場人物の住む家、マルタのお店(プチ・パリ)、小道具、服装など、かわいいんです。
おばあちゃんたちの日常着も、街へ出て行くおしゃれ服も、おそらく着古しなんだろうけど、すてきです。暖かそうなコートやカーディガン、柄のシャツに柄のスカーフ、アメリカかぶれのリージの個性的なお洋服も面白かった。
またマルタの友人が作るアメリカ風アップルパイや、オープンカフェで食べるパフェ、マフィン、手づくりの食事、コーヒー、紅茶、ビール、ワインなど、すごく美味しそうでした。
村は人間関係が濃密で不便ではあるけれど、お年寄りがそれらに立ち向かって克服していく姿に声援を送りたくなります。
ざらついたフィルム風の画面も、マイナー調の民謡っぽいBGMも雰囲気がありました。
ちょっと都合よく話が進みすぎるところはあるにせよ、穏やかなハッピーエンドに気持ちが安らぎました。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)