猫とひなたぼっこ

大井氷川神社

よく利用する駅前の銀行には駐車場がなくて、いつもドキドキしながら路駐するんだけど、今日は店の外までATM待ちの行列が出来ていたので、ちょっと時間を潰そうと、いつもと違う道を走ってみました。すると住宅の中に神社を発見!
獅子山つきの狛犬さんがいました↓
大井氷川神社吽 大井氷川神社阿
写真を撮っていたら、神社のハッピを着たおじさまに、「いい狛犬だろ~?!」と話しかけられました。
なんでもおじさまのおじいさん(達)が建てた狛犬さんだとか。
裏に回って、「これがうちのじいさんだよ。もう亡くなったけど、100歳まで生きてた」と塩野某という名前を指さしました。
これから初午祭で、神主さんを呼んで祝詞をあげてもらうのだと言っていました。
水屋の水盤を修理したり、掃除をしたり、神社のために熱心に働いている方のようでした。
年明け、社殿を覆う木を切っていたら、10mの高さから落ちてドクターヘリで運ばれ、手術をしたそうで、傷口を見せてくれました。
「神さまが助けてくれたんですね」と言ったら、嬉しそうでした。
お参りをして、銀行に戻ると、さっきの行列がなくなって、車もいい場所に止められたので、神さまのお陰かな?と思いました。
おしゃべりに夢中であまり狛犬を観察しなかったけど、昭和35年生れ、51歳の狛犬さんでした。そういえば、こんなふうに狛犬について地元の人と話をするのははじめてのことでした

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)