猫とひなたぼっこ

鉄砲洲稲荷神社の狛犬

母の思い出の地、中央区湊一丁目にある鉄砲洲稲荷神社(鉄砲洲浪ヨケイナリ)へ狛犬を見に行ってきました。
昔の木挽町(現在の銀座五丁目)で育った母は、鉄砲洲神社の氏子だったんですね。
街の様子はずいぶん変わりましたが、歩きながら母の昔話を聞くのもいいものです。

鳥居前の狛犬さん↓
波を押さえてるのか? 子供をかかえています
左の狛犬は波除稲荷だけあって、航海の安全を祈っているのか、波に乗っています>まるでサーフィン狛犬(笑)
左右どちらも阿形で、小首をかしげたかわいいポーズです。
とても小さいんです↓昭和15年(1940年)生まれの71才です(^^)
すごく小さい 皇紀2600年
で、後にまわってびっくりしたのは・・・↓
後姿 女の子です
女の子だったのです
もちろん相方は男の子でした>最初の写真を見直してください!
軍国主義の時代は、両方とも男の狛犬も作られたんだそうです。
こうした性別のはっきり分かる狛犬を見つけたのは初めてだったので、嬉しかったです

境内に入るともう1対の狛犬さんが出迎えてくれます↓
吽 阿
おーっ、凛々しい!あばらが浮き出た感じと力強い前足がいいですね~
正面 阿
皇紀2596年生まれの75才。
狛犬だけでなく、台座の細工もすばらしかったです。
富士塚もあって、楽しかったのでお賽銭多めに入れておきました。

東京駅⇒日本橋(高島屋)⇒八丁堀⇒湊(鉄砲洲神社)⇒佃大橋⇒佃(住吉神社・尾崎波除稲荷)⇒月島駅と半日歩きまわりました。
次回は月島もんじゃ食べようっと

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

楽しいお散歩でしたね

こんにちは~
最近はこちらへきても読み逃げばかりでした~(^o^)

そのうち本が出版できそう!
私も勉強になります。

ではまた~

店主おーひら(pimomu) | URL | 2011/03/08 (Tue) 23:17 [編集]


へぇ~へぇ~へぇ~。←古い
狛犬に男の子と女の子がいるなんて知らなかった・・というか、考えたこともなかったわ。
ユーモアがあるというかナンというか・・・。
あれ?最初の写真の向かって右側の狛犬が抱えて(?)いるのが仔犬に見える??←無理やりです

これからは狛犬さんを見たら、即うしろにまわって確かめてしまいそう。

朝倉 淳 | URL | 2011/03/09 (Wed) 12:10 [編集]


☆おーひらさん

>読み逃げ
全然OK!ですよ(^^)
私もなかなかコメ&お返事できないのでごめんなさい。

>本が出版できそう
私の知識は本の受け売りなんで(恥)
そういえばとしまえんの裏にも雰囲気のある神社がありました>おーひらさんの旦那様に教えてもらった道沿い
いつか写真を撮りに行きたいわi-178

あきちゃん | URL | 2011/03/09 (Wed) 18:16 [編集]


☆淳さん

やった!3へいゲット!!(笑)
淳さんお気づきのとおり、右の狛犬が抱えているのは子犬です。
磨滅してますが、子犬はこちらを向いているようですね。
子供を抱えていたり、珠を持っていたりする狛犬は多いんですよ。

性別がはっきり分かる狛犬を見つけたら、ぜひ教えてくださいね~~i-179
男の狛犬で、リアルな作りのものも結構ありますよ!!

あきちゃん | URL | 2011/03/09 (Wed) 18:23 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)