猫とひなたぼっこ

キタキツネ物語

日曜日の昼下がり、カーステレオから町田義人の「赤い狩人」が流れてきた。

  ♪愛よ、お前は
    凍った心を溶かす
     太陽に挑む 赤い狩人さ~♪

懐かしい!全部聞きたい、という人は>コチラ

サンリオ映画「キタキツネ物語」の主題歌で、私はこの曲を聴くだけで目頭が熱くなってしまう。
>「泣いた赤鬼」「ごんぎつね」も同様

親と一緒に映画館で映画を観たのはただ一度、この「キタキツネ物語」だけです。
当時大ヒットしていて、通路で立ち見しました。
確か小学校3年生で、「かわいいキツネちゃんの物語」だと思って見に行ったのに、あまりに悲しい物語で立ち見の疲れとともにしばらく心に重く残りました。
子別れのシーン、母キツネの死、次々に死ぬ子ギツネたち・・・
前半の春夏がキラキラとした命に輝いているので、秋冬の厳しさが殊更に悲しいのです。
当時、母はキツネの襟巻きを持っていたのですが、うちに帰ってその襟巻きに頬擦りして泣いた記憶があります。またキツネの餌となるネズミやウサギも可哀想に思いました。
大自然の厳しさ、動物と人間の関係など、小学生が胸を痛めてもどうしようもない現実に義憤のような怒りさえわいてきたのです。
この頃はそんなナイーブな心もすっかり無くしてしまい、毛皮の小物など喜んで買っている自分をちょっと反省しました。

DVD↓
キタキツネ物語 [DVD]キタキツネ物語 [DVD]
(2006/04/19)
町田義人朱里エイコ

商品詳細を見る


このサントラは名盤↓
キタキツネ物語キタキツネ物語
(1995/05/20)
サントラ町田義人

商品詳細を見る

ゴダイゴは大ブレイクする少し前ですね。
サンリオから出版された本を買ってもらったのですが、いつのまにか行方知れずになってしまったのが残念です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)