猫とひなたぼっこ

ボランティアスタッフ研修⑥

嵐山渓谷で研修がありました。
高速使ったら、早く着きすぎたので、ひとりで散策しました。
地元の人が「紅葉の見頃は11月下旬くらい」と言っていました。
谷川橋
日当たりのいいところは、紅葉が進んでいます↓
紅葉
黄葉も↓
黄葉
いいお天気~!暑くも寒くもなく、快適です。
100種類の植物の写真が載ったプリントを渡され、そのうち何種類見つけられるか、というのが午前中の課題でした。
道中
シダ植物や、イネ科の植物は見分けるの難しい・・・
秋だから赤が目立つけど、紫もきれいです。
ササゲ(絶滅危惧種)の実とナンバンギセル(ススキに寄生する)の花↓
ササゲ ナンバンギセル
ムラサキシキブ ノアザミ
タヌキマメの花、ムラサキシキブの実、ヤブムラサキ(葉っぱがビロードみたい)の実、ノハラアザミなどが紫でした。みんなで協力して、77種見つけました。私の班には、植物にも鳥にも詳しい人がいて、とても頼りになります。
お弁当を食べて、午後は研修のハイライト「間伐」の実技です。
各班で1本の木をノコギリで切り倒します。
ロープワーク
私たちの班はいちばん大きくて太いシデの木を切りました。
安全確認をし、ロープをかけて、受け口を切り、追い口を切って、ロープを引っ張り倒します。
すごく難しかったし、疲れました。大体、木1本200kgくらいあるそうです。
2本目
木が倒れるところを初めて見たのですが、すごい迫力でした。
大木だったら恐怖を感じていたと思います。
倒れた木はすぐに枝を落とされ、ホダ木にするため、90cmの丸太にされました。
最後の班の木は、別の木に引っかかり倒れませんでした。
それをロープで引っ張ったり、棒で根元を転がしたりして、やっと倒しました。
間伐が大事なことは本で読みましたが、こんなに大変とは・・・!
あとやっぱり生きているものを切るのは、心が重かったです。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する