猫とひなたぼっこ

荒幡の富士

ボランティアスタッフ研修で登った荒幡富士↓
荒幡富士
麓に小さな狛犬さんが一対います。所沢市のHPによると、

「荒幡の富士」(標高約119メートル)は、人工の富士山です。
 荒幡村(現在の所沢市荒幡)には、小字ごとに鎮守があり、村民氏子はそれぞれ分かれていました。しかし、それでは村内の民心の統一が図れないと憂い、明治14年(1881年)に三島神社・氷川神社・神明神社・松尾神社の4社を、村社の浅間神社に合祀して松尾神社の社地へ遷しました。さらに村の和を増大させるため、明治17年(1884年)から旧浅間神社の社地にあった富士山の村民共同による移築作業を始めます。明治32年(1899年)、15年の歳月をかけて「荒幡の富士」は完成しました。
 完成後、「荒幡の富士」は何度か存続の危機に見舞われます。大正12年(1923年)の関東大震災では、8合目から上が崩落したと伝えられ、また、戦後は一時荒れるに任せた状態になったこともありました。しかし、その都度住民が総出で復興にあたり、原形の保存に努めてきました。
 現在は、地域住民の皆さんが結成した「荒幡富士保存会」により、定期的に大掃除やパトロールなどが実施されています。

とのことで、狛犬については解説がありませんでした。
とても小さいです。子犬のようです。
笑っているみたい↓
阿
残念ながら吽形の方は顔がなくなってしまっています↓
吽
関東大震災で土砂に埋り、助け出されたのでしょうか?
思いがけずかわいい狛犬さんに出会えて嬉しくなりました。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する