猫とひなたぼっこ

新国立美術館

友達に誘われて、「ビュールレ展」を見てきました↓
新国立美術館
はじめて新国立美術館に行きましたが、すごい建物ですね!!
内部もおもしろい構造で、3Fのポール・ボキューズでお昼を食べたのですが、空中に浮いてるみたいでした。

やはりルノワールの「かわいいイレーヌ」がすばらしかったです。
印象派はありとあらゆるとことで複製されているためか、またはタッチの粗さが未完成のように見えるからか、あまり仰ぎ見る感じではなく、これまで気楽に眺めていたのですが、今回で見る目が変わりました。
美術史のターニングポイントでした。
以前はなめらかさを追求した静止画、印象派は光や空気や熱を表現することによって動画のようでした。
いくつかの風景画では、画面から吹いてくる風を感じました。

撮影可だったモネの睡蓮↓
睡蓮
湿度や匂いを感じませんか?
これ、壁紙にして売り出して欲しい。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する