猫とひなたぼっこ

運慶展

東京国立博物館へ行ってきました↓
運慶展入口
無著菩薩立像は800年以上経て、体はミイラ(失礼)のようなのに、目は生きていました。
即身仏を目の当たりにするようで、畏怖の念を抱きました。
八大童子立像は、どの子も個性的で可愛かったです。キャラデザの先駆け?
平安から鎌倉にかけて、一般の人々はそんなにすごいデザインの服や髪形を知らなかったと思うので、童子たちを見てびっくりしたことでしょう。
それにしてもすごい混雑でした。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する