猫とひなたぼっこ

初めてのガラスペイント

以前から興味のあったガラスペイントに初挑戦しました。
戸田揖子先生のワンデーセミナーに参加したのです。

ガラスの花瓶を金魚鉢に見立て、両面に金魚と水草を描きました↓
金魚と水草
余った時間で、アメリカンのバラの描き方も教えていただきました
先生のスピード感のある筆捌きにうっとり・・・
気さくにいろいろなお話もして下さり、あんな女性になりたいなぁ、と憧れました

ガラスペイントは、油絵の感覚に近かったです。
とき油と描き油を使って、不乾性の絵の具で描きます。
重ね塗りや、厚盛りがご法度のヨーロピアンチャイナペイントとは真逆で、筆も拭っただけで、どんどん絵の具をつけて勢いよく描いてゆきます。
普段あまり使わない平筆がメインなので、困惑しました。

実物は、焼成した後、自宅に送られてきます。
どのように変色しているか、楽しみです。

帰りがけ、ガラス用の絵の具を買おうかな、とも思ったのですが、全色揃えるとなるとかなりの出費なので、我慢しました。ヨーロピアンの課題も山積してるしな・・・

これからは、セミナーにも積極的に参加したいと思います!

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する