猫とひなたぼっこ

バロックな1日

上野の国立西洋美術館で開催中の「グエルチーノ展」見て来ました↓
国立西洋美術館 チケット売り場前
バロックというと巨大で装飾過多、波打つ脂肪、というイメージですが、グエルチーノは違いました。均整のとれた体つき、シンプルな構成、情感を抑えた表現はまるで青い炎が燃えているようでした。素晴らしかったです。

夜は池袋の東京芸術劇場にパイプオルガンのコンサートを聴きに行きました。
バッハとフィッシャーくらいしか知らなかったけど、オルガンの響きに包まれているとものすごくリラックスできて、脳からα波が出てるんじゃないかと思うくらいでした。
演奏者の凛とした佇まいが印象に残りました。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する