猫とひなたぼっこ

シャヴァンヌ展

-水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界-

bunkamuraザ・ミュージアムで見て来ました。
壁画の習作がたくさん見られたのが興味深いところでした。
マス目をかいて、正確な八頭身の人物を作画しているところとか・・・
フレスコ画のようなブリューが特にきれいでした。

公共建築の壁画(の縮小版)が主だった展示なので、なんとなく物足りず、ミュージアムショップでモローの本を3冊買って帰りました。
私は優等生より、ちょっと毒気のある方が好きなんですよね。
その3冊のうちの2冊が「モローは女性嫌いではい」と力説していて、ちょっと笑った。
きれいな男性の裸体を描くからといって、実生活を勘ぐる方が下衆でしょう。
パリのモロー美術館に行きたい

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する