猫とひなたぼっこ

ターナー展

都美術館で開催中のターナー展を見てきました↓

ターナー展@都美館


予想以上の混雑ぶりで、人の頭の間からやっと絵が見える、という感じ。
ぐずる幼児、落ち着きのない子供、大人のおしゃべりや匂い、いちゃつくカップル等々に集中力を削がれ、もう家で図録見ればいいや、という投げやりな気分に。

そんな中、画家の絵具箱とパレットの実物が展示してあり、ウルトラマリンの顔料があまりにも美しくて、ボーッと見入ってしまいました。パレットには濁った色しか出ていませんでしたが。
他には画家が持ち歩いていたスケッチブックもすばらしかったです。

結構なボリュームの展示を見終わるとミュージアムショップで、わりと素敵なものが多かったのですが、じっくり見る時間がなく、図録だけ買いました。
この図録が印刷も装丁もよくて、会場でよく見えなかった分を、不本意ながら挽回できました。

ところで会場を回りながら、同時代のジョン・コンスタブルがすごく見たくなりました。
昔の図録、まだ実家にあるかなぁ・・・

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する