猫とひなたぼっこ

沼津市若山牧水記念館

お彼岸なので、沼津へお墓参りに行ってきました。
近くに若山牧水記念館がありまして、以前から気になっていたので、はじめて訪れました。
展示室は狭いのですが、とても行き届いていて気持ちのこもった記念館でした。
喫茶スペースもあり、千本松原の散策の休憩にも使えます。

展示物には本人直筆の書がたくさんあるのですが、その書体に惚れこんでしまいました。
丸くて読みやすく、ちっとも偉ぶったところのない素直な字・・・
字は体を表す、というのが本当なら、こういう人とお酒を飲みたい!と思いました。
お酒が原因で若くして亡くなったのですが、一緒に火葬したとっくりとおちょこが展示してあり、火をくぐったら染付の藍が濃くなったとか。
ちょっと怖いような気もしましたが、じっと見入ってしまいました。

あと実家の近くに牧水の記念碑がありまして、それも不思議に思っていたのですが、お爺さんが所沢の出身だということが分かりました。
明治の歌人をちょっと身近に感じていたら、誕生日が私と同じ8月24日でした。
なんとなく嬉しくなって、岩波文庫の若山牧水歌集を買い求めました。
晶子と啄木の歌集と仲良く一緒に並べています。VIVA明治!

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する