猫とひなたぼっこ

ボランティアスタッフ研修⑥

嵐山渓谷で研修がありました。
高速使ったら、早く着きすぎたので、ひとりで散策しました。
地元の人が「紅葉の見頃は11月下旬くらい」と言っていました。
谷川橋
日当たりのいいところは、紅葉が進んでいます↓
紅葉
黄葉も↓
黄葉
いいお天気~!暑くも寒くもなく、快適です。
100種類の植物の写真が載ったプリントを渡され、そのうち何種類見つけられるか、というのが午前中の課題でした。
道中
シダ植物や、イネ科の植物は見分けるの難しい・・・
秋だから赤が目立つけど、紫もきれいです。
ササゲ(絶滅危惧種)の実とナンバンギセル(ススキに寄生する)の花↓
ササゲ ナンバンギセル
ムラサキシキブ ノアザミ
タヌキマメの花、ムラサキシキブの実、ヤブムラサキ(葉っぱがビロードみたい)の実、ノハラアザミなどが紫でした。みんなで協力して、77種見つけました。私の班には、植物にも鳥にも詳しい人がいて、とても頼りになります。
お弁当を食べて、午後は研修のハイライト「間伐」の実技です。
各班で1本の木をノコギリで切り倒します。
ロープワーク
私たちの班はいちばん大きくて太いシデの木を切りました。
安全確認をし、ロープをかけて、受け口を切り、追い口を切って、ロープを引っ張り倒します。
すごく難しかったし、疲れました。大体、木1本200kgくらいあるそうです。
2本目
木が倒れるところを初めて見たのですが、すごい迫力でした。
大木だったら恐怖を感じていたと思います。
倒れた木はすぐに枝を落とされ、ホダ木にするため、90cmの丸太にされました。
最後の班の木は、別の木に引っかかり倒れませんでした。
それをロープで引っ張ったり、棒で根元を転がしたりして、やっと倒しました。
間伐が大事なことは本で読みましたが、こんなに大変とは・・・!
あとやっぱり生きているものを切るのは、心が重かったです。

スポンサーサイト

PageTop

ボランティアスタッフ研修⑤

今日の研修のメインは、心肺蘇生法と、AEDの使い方でした。
前から興味があったので、一生懸命やりました。

JAMYさん

講師の方が、何度も「人間愛」という言葉を使うのが印象に残りました。

PageTop

ボランティアスタッフ研修④

北本市野外活動センターに行ってきました。
午前中は、リスク管理について行政書士の先生に学んだり、グループ討議をしました。
午後はトラスト地の散策↓
緑のトラスト保全第8号地
湧水があり、湿地のはずなんですが、水が少なく水面は見えませんでした。
右手は斜面林で、セミの鳴き声がすごい。
ツリフネソウとミゾソバが群生しており、きれいでした↓
群生するツリフネソウ
ススキです↓
ススキ
穂が金色なのはススキ、銀色なのがオギ。
すすきの、荻窪という地名のとおり、ススキは野に、オギは水のある窪にあるそうです。
カケスは鳴き声だけ、モズは姿を見ました。
イナゴやカマキリ、ジョロウグモがたくさん。
ジョロウグモの周りには3,4匹のオスがいて、うかつにメスに近づくと食べられてしまいます。
カラスウリの種を財布に入れておくとお金が増えるというので、一粒もらいました。
室内に戻り、トラスト運動の普及啓発方法論について、埼玉の動物の現状についての講義がありました。覚えることが多くて大変です。課題の本も読まなきゃ


PageTop

ボランティアスタッフ研修③

今回の研修は自宅からいちばん近いところなので、自転車で行ってきました。
近いといってもナビで見たら片道13.3kmあり、アップダウンの激しい地形。
小雨も降っていたので、けっこう大変でした。
狭山丘陵いきものふれあいの里センター↓
狭山丘陵いきものふれあいの里センター
交通事故などで死んだ動物をはく製にして展示しています↓
付近に住む動物たちのはく製
タヌキ、アライグマ、キタリス(北海道とここにしかいない)、ハクビシン、キツネ(6歳のメスと子供)、テンです。「やさしく触ってください」とあったので、ナデナデしてきました。
鳥のコーナー↓
小鳥
真ん中の黒いケースに入った、サンコウチョウ!初めて見た!!キレ~
狭山丘陵には日本にいる鳥、280種のうち、210種が生息しているんだそうです。
午前中2時間は座学で、首都圏の緑の孤島、狭山丘陵について学びました。
午後は晴れて暑い中、雑木林を歩き回って、萌芽再生の実験の林を観察したり、動物の足跡を探したり、キノコの名前を教えてもらったりしました。トラスト2号地や、トトロの森1号地まで足を延ばし、かなり歩きました。
それでまたがんばって自転車こいで帰りました。

PageTop

ボランティアスタッフ研修②

宮代町にある山崎山雑木林(さいたま緑のトラスト保全第5号地)に行ってきました。
午前中は座学、午後は常緑樹林の観察指導法を学びました。
手にした資料が多くて、あまり写真撮れなかった・・・
山崎山雑木林
雑木林の中に入ると風が涼しくて気持ちよかったです。
資料には37種類の植物が載っていて、見つけたらチェックを入れます。
18種類を見つけ、他にも10種類以上観察できました。
(アオキ、アカシデ、イヌツゲ、ウグイスカグラ、エゴノキ、エノキ、ガマズミ、キヅタ、クヌギ、コナラ、サカキ、サルトリイバラ、サワフタギ、サンショウ、シラカシ、ネズミモチ、ノブドウ、フジ、ヘクソカズラ、マンリョウ、ムラサキシキブ、ヤマコウバシ、ゴンズイ、イヌシデ、キンミズヒキ、ミズナラ、ウワズミザクラ、クサギ、ニワトコ、ヤマハギシオガマキク、イヌザクラ、シロダモ、フタリシズカ、コブシ、ムクノキ、ユズリハ、ヤマグリ、シデ、ヒサカキなど。太字は花が咲いていました)名前と顔はなかなか一致しません。主に葉の特徴を学びますが、樹形や木肌の特徴も覚えたいところです。
水辺の多いところなので、たくさんのトンボがいました>ハグロトンボきれい
木や草花の好きな人、鳥の好きな人、昆虫の好きな人、山登りの好きな人、いろいろな人と知り合いになれて楽しいです。

PageTop