猫とひなたぼっこ

夫婦狛犬

浅草に行ってきました。
浅草神社にお参りしたら、夫婦狛犬の看板が立っていたので写真を撮ってきました↓
浅草神社 夫婦狛犬

後姿↓
後ろ姿
ハート形の尾がかわいい


いい笑顔を見せてもらいました↓
笑顔

スポンサーサイト

PageTop

花と狛犬

用があって市ヶ谷に行ったついでに、市谷亀ヶ岡八幡宮に立ち寄りました。
満開の桜がきれいです↓
急階段
この急坂を上がると、プリミティブな狛犬さんがおります↓
昭和55年
享保14年(1729)生まれの287歳。
まるくて欠けにくいせいか、戦争や地震や火事をくぐり抜けてもいい状態です。

もひとつ階段を上がると、さらに別の狛犬さんがおります↓
吽 阿
ピンと立てた尾といい、顔つきといい、凛々しいです。
今にも動き出しそうな躍動感に溢れていて、魅力的です。
台座を見ると、文化元年(1804)建立、安政5年(1858)再建・・・
建立から再建までの54年間に何があったの?壊れたの?
1804年生まれなら、212歳。
この高台から、江戸東京の移り変わりを見てきたのですね。
昔だったら、ここから江戸の海まで見えたかもしれない、と想像すると楽しいです。

足元にスミレが咲いていました↓
足元にスミレ
石の隙間という、土も水も少ない場所によく咲くものだと感心しました。

PageTop

逆立ちお稲荷さん

国道16号に出ようと、川越の裏道を車で走っていたら、見つけてしまいました↓
窪稲荷神社 西武新宿線が走ります
後足を蹴りあげて、まるでジャンプしているようなお稲荷さん↓
吽 右耳が欠けてしまった阿
台座には辛うじて昭和三十五年の文字が見えたので、54歳ですね。
阿 阿
牙や後足の指など、かなりシャープに彫ってありました。
人間と同じで、年をとって丸くなったのかな?

PageTop

足尾銅山の狛犬さん

一度わたらせ渓谷鉄道に乗ってみたくて、下調べをしてみたらけっこう面倒だったので、バスツアーに参加してみました。
足尾銅山を見学して、外に出たところに小さな神社があり、狛犬さんがいました↓
通洞高山神社
案内版には、「愛敬のある独特な顔のこの狛犬は、享保3年(1743)に彫られ、簀の子橋山神社にあったが、大正9年当神社造営のときここに移された」とあったので、272歳!!
吽 阿
うおぉーっ、かわいい
すごく人間っぽくて、夜中に二足歩行で山を散歩していそう
吽 阿
しっぽ 横向き
尻尾は背中に彫りつけてあります。
襟巻のような鬣といい、獅子舞のようです。

足尾銅山観光は、本物のトロッコ電車に乗って坑道に入ります。
とても興味深く、先人の苦労を偲びました。
狛犬さんたちも272年間、様々な人間模様を見てきたことでしょうね。

PageTop

諏訪の狛犬さん

ベトナム人研修生と一緒に、一泊二日のバス旅行で上諏訪温泉に行ってきました。
日本のお正月や、温泉、雪景色を見せてあげたいなぁ、と思って。
片倉館という温泉に入ったり、浴衣を着たり、ホテルでお餅つきの体験をしたり、おせちを食べたり、諏訪大社に初詣に行ったりしました。私だけ北澤美術館へも行きました。

高島城というお城の近くに護国神社があり、狛犬さんを発見!!
護国神社
遠目に見て、なんだか痩せてるなぁ、と思ったの。でもいかつくて、招魂社系かな?って。
珠つき
尾の下の台座の文字は、昭和二十年と読めなくもない・・・
高島城と狛犬さん
この狛犬さん、終戦の年に生まれたから痩せてるのかなぁ~
今年は戦後70年だから70歳か(でも暗かったので、間違ってたらごめん)

諏訪大社上社の狛犬さん↓
吽 阿
ものすごく見晴らしのいいところにいるけれど、とても寒そうでした。

家に帰ったら「お正月ズラ!妖怪ウォッチもんげーめでたい2時間スペシャル」の録画見よう
コマさんとコマじろうかわいい!

PageTop