猫とひなたぼっこ

探鳥会

今年も行ってきました。
午前中は春の陽気、午後は真冬日という感じでした。
鳥は少なく、キイロスズメバチのひとかかえもあるような巣を見たりしました。

カシラダカかと思ったら、ホオジロだそうです↓
ホオジロ

ジョウビタキの雌↓
ジョウビタキ♀

ヒヨドリ↓珍しくもないけど、背景が湖できれいだったので。
ヒヨドリ

シロハラ↓
シロハラ
体の色は、林床や、笹薮の茂みに溶け込むような保護色。

途中、リスがいて、豊かな自然環境なんだなぁ、と思っていたら外来種だそうです。
お腹の毛が栗色なので、クリハラリスというそうです。

全部で33種類の野鳥を観察できたそうですが、かなり見逃しました。
最後にウソの出現を待ったのですが、出てきてくれませんでした。
まあでも山を歩いて、お弁当を食べて、それだけでも十分楽しかったです。

スポンサーサイト

PageTop

カワラヒワ

久し振りに散歩に行って、
カワラヒワ
9000歩近く歩きました。
いいところにカワラヒワがいたので、
遠めに見ると黒っぽいけど、お腹とか黄色がかっているんですね。

PageTop

北欧のタペストリー他

きのう、北欧紅茶のブースで見つけたタペストリーを飾りました↓
小鳥のタペストリー 階段に
キャンバスワークという技法だと思います。
お店の人が言うには「ヴィンテージ物で、縁のデザインもすばらしい」
確かに・・・
ちょっと悩んで、買ってしまいました。

こちらはロイヤルウースターのペア中皿↓
キツネとウサギ
キツネがハチを見ていることで、狩るものと狩られるものの対比がやわらいでいます。
1994年に買ったキャンバスワークの本に、キツネとウサギの図案が載っていたので、一緒に写しました。2つのイスの座面に、それぞれキツネとウサギが刺繍してあります。

きのうのアレンジメントで、テーブルコーディネイト↓
すみれのコーヒータイム
ずいぶん前に描いたすみれのコーヒーセット。
このセットの白磁を見つけた時、揃いのケーキ皿を買わなかったことを後悔しています。
まぁ、当時はコーヒーセットとティーセットの違いも分からなかったしな・・・。
しまい込んでいたのを久しぶりに出して、ひとりおままごと。

それにしても生花と合わせると、見飽きたセットも新鮮です。
お花の力ってすごい!!

PageTop

テーブルウェアフェスティバル2018

今年は、高校の同級生を誘って行ってきました!

テーマのひとつが、英国―Style of Life―、イギリスの名窯14社のテーブルを見ることができました。最初に目についたのが、ロイヤルウースターの動物たち↓
動物シリーズ 日本初上陸
いかにもイギリスらしいピクニックセットとスポード↓
ピクニック スポード
ポートメリオンとエインズレイ↓
ポートメリオン エインズレイ
どれも英国らしい温かみがあって、親しみを感じます。
ボーンチャイナの手触りも柔らかく、日常使いできるのがいいですね。

ヘレンドの「バイオレット」↓
バイオレット 最新
皇帝フランツヨーゼフと皇妃エリザベートの戴冠150年を記念したシリーズ。
金彩もないし、控えめであっさりした感じだけど、地味ではない。
真似して描いてみたい。

セミナーではテーブルフラワーのアレンジメントを習いました↓
配られた花材 他にもゼラニウムの葉や、実のついた枝も
先生のテーブルセッティング↓
お手本のコーディネート すみれの砂糖漬けシシー缶
自分の作品を置いて撮影できます↓
私の作品 作品と
最後に先生のお話を聞きながら、フルーツティーとザッハトルテのティータイム。
おいしくてお勉強になりました。

友達に会えて、ランチして、買い物して、写真撮って、お茶して、1日楽しかった!!
フル充電したので、帰りの電車の混雑もあっという間というでした。

PageTop

安い材料で

寒いながらも、日中の日差しに力強さを感じるようになってきました
きのうは、パンジーとシロタエキクの寄せ植えをしました。

セリアの毛糸で編みました↓
ピンクとグレー 被ってみた
ほんわかひつじちゃん、というかわいい名前の毛糸です。
とても編みやすく、気に入りました。

白いカウンターはダイソーの文具売り場で見つけました。
段数数えるのに使える!
楽しいっ!!

PageTop