猫とひなたぼっこ

天使のピルケース

アンティークのC&Sに描かれていた天使を写してみました。
ピルケースは高さ7cm、画面は直径3cm位です。
たたき、盛り、金彩は自由にやりました。

天使の持つ棒の先に小鳥がとまっています。
表
裏面の天使の目線の先が寂しかったので、小鳥を描き加えてみました。
手の甲にとまった小鳥に話しかけているイメージです。
裏
バックとほほに少し色を入れています。
先生に手直ししていただき、完成度が上がりました。

スポンサーサイト

PageTop

横浜美術館

ひとりで横浜に行ってきました。
まずはルピシアのイベントでお茶とお菓子のお買い物。
お買い得だし、いろいろ試飲できて楽しかったな~♪
サングマというダージリンティーにシロップとマーマレードを加え、炭酸で割ったものがとてもおいしくて、自宅でもやってみようと思いました。

午後は横浜美術館で「ヌード 英国テート・コレクション」展を見ました↓
横浜美術館
ロダンの「接吻」見たかったのですよ!
撮影可でした。
私の好きなアングルはこれ↓
The kiss
なんというか、情感に訴えてくる作品です。

ターナーや、レイトン、キリコ、デルヴォーなんかもよかったです。
ただ写真とか、あんまり剥き出し感のあるものは、ノー・サンキュー。
美しくて、物語性があるものに惹かれました。

PageTop

椅子カバー

日曜日に布地を買って~♪
月曜日に裁断をして~♪
火曜日に縫製をして~♪
水曜日にブログにアップ~♪
椅子カバー取付完了
白いリネンで椅子カバーを作りました。
子供の頃の夏は、座椅子とか座布団のカバーって白が多かった気がします。
素足に畳、さっぱりした白い座布団はちょっとひんやり感じて、気持ちよかった・・・
というイメージです。
まさちんには「法事でもあるの?」と聞かれたけどね
アブラハム・ダービー、トラノオ、ローズマリー カサブランカ
で、昔の話になって。
ソファーの背もたれや、肘掛けにも白いカバーかけてたよね、とか。
布団のカバーも白が多くて、掛布団のカバーは中の模様が見えるような薄~い素材になってた、とか。シーツのことは敷布って言ってたとか。
お母さんが白い割烹着を着ると特別の感じがしたことを思い出しました。

PageTop

ねこくまちゃん

新しいのみつけてガチャってしまった・・・
かわいいかわいいねこくまちゃん↓
ねこくまちゃん
かわええ~

PageTop

マイセン風のバラ2種

ふた物の直径は10cmくらい。
メインのバラを先生に描いていただいて、その他は自分で描きました。
2回焼成したところです。
ハートの深皿は、全部自分で描いて1回焼成したところです。
マイセン風
先生のバラ、咲き誇ってる・・・
角度を変えて
このままシンプルに完成とします。

PageTop